blue encountの心

ブルーエンカウンタの魂の叫び

シンプル&ワイルドでいてほしいBLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNTは、日本のロックバンドの中でも硬派ですので、男性のファンも多いと思います。

最近の日本のポップミュージックは、ダンスを中心としたオシャレな感じのメロディーが主流となっています。

そんな中でBLUE ENCOUNTのサウンドはガツンと来てくれますね。

余計な装飾を振り払ってひたすらロックをしたい、という気迫を感じます。

若さから溢れるエネルギーと、最低限の編成を活かしたシンプルな音作りが、忘れていたハングリー精神を呼び覚ましてくれます。

よく聞くとイントロ、主メロ、サビと非常によく構成を考えている曲作りをしていて、サビの部分が自然に耳に残る様に工夫されています。

BLUE ENCOUNTの素晴らしさはライブ演奏で発揮されます。

テレビのメディアではなくライブ演奏を中心に活躍して言って欲しいです。

ライブを見たら絶対ファンになります、前へ前へと流れ出してくる怒涛のリズムに魂を鷲掴みにされるような気持になります。

曲が終わって気がついたらどさくさに紛れてストレスが吹っ飛んでいた、という感じです。

バンドはメジャーになると上品になってしまうことが多いのですが、BLUE ENCOUNTだけはいつまでもシンプルでワイルドで有り続けて欲しいですね。